« 招かれざる客 | トップページ | タラの木の花 虫がいっぱい »

2015年9月 1日 (火)

養蜂 秋の飼育管理

モチノキに続いてカラス山椒真夏の蜂蜜発売、、注文受付中← ここクリック

ナベショーのお茶は、マルミヤ製茶で販売中 

Img_3541_1024x683

白蝶草(ハクチョウソウ)

増えすぎて、かなり引いてしまったが、まだまだ庭のあちこちで成長して花が咲く。

メガソーラーの広大な敷地内に蜜蜂の蜜源植物を植えて養蜂をやろう、、、という楽しい事業構想を実現させるため、

岡山県の電気設備会社の若い社員が昨年から我が家に時々、養蜂の実習にこられる

昨年、および今年、大学の農学部を卒業した二人の元気な若者

今朝、8時半に我が家に到着

だが、残念ながら滝のような激しい雨、、、

とても、蜂場で巣箱を開けて実習というわけにはいかない。

止むえず、部屋での、レクチャ―、、、となる。

「養蜂 秋の管理」

Img_4217_1024x683_3

早春から採蜜シーズンの7~8月までは勢いで養蜂はやれる。

春から蜜蜂を飼いはじめた初心者でも、そんなに苦労しなくても蜜蜂はどんどん増えて、蜂蜜もそれなりに収穫できる。

しかし、真夏からさらに冬越までの秋の管理に失敗して、群れが消滅、という方も多い。

冬越して、来春になってみたら、蜂が消滅してた、、という場合もある。

そして、悔しくて、業者から群れを購入して再チャレンジ、、また失敗の繰り返し。

ということで、養蜂にとっては、秋の飼育管理が非常に重要である。

11時頃には、雨も小降りになったので、二か所の蜂場へ案内してレクチャ―終了。

夕食はアサリ貝の酒蒸し

ピーマン、キノコ、玉ねぎ、トマト、ニンニク、生姜、アサリ貝

野菜類をオリーブ油とバターで炒めて塩胡椒、、

アサリ貝を入れて、日本酒を入れて、中華鍋に蓋をして、貝が開くまで加熱して出来上がり!

Img_4210_1024x683_2

マグロに山葵と醤油で漬けにして、玉ねぎスライス、青紫蘇などと混ぜて、ドレッシングをかけて、サラダ風に、、、

Img_4215_1024x683_3

次いでにもう一品

新牛蒡でキンピラ、、

Img_4212_3

期限切れに近いエノキ茸が、一山でめちゃ安い

たくさん買って、少しの醤油、お酒、砂糖で煮て、うす味の佃煮風

美味しくて、直ぐ食べ尽してしまいそう、、、

Img_4213_1024x683_3

ミツバチちゃんは、何してる?

B178c_2

明日もお会いしましょう!

ブログランキング「花・ガーデニング」に参加しています。
日一回  ここを ブログランキング クリック、お願いいたします。

|

« 招かれざる客 | トップページ | タラの木の花 虫がいっぱい »

コメント

メガソーラー、こちらでも少し山に入った荒地がいつのまにかメガソーラーの敷地になっています。
ずいぶん普及したものですね。
我が家は15年位前に太陽光発電の施設をつくりました。まだ初期のころで、費用がものすごくかかり、死ぬまでの電気代よりも、ずっと、ずっと高くつきました。
わたしの猛反対をふりきって、家人が強行突破。
それが、今は、この田舎の草が生い茂っていた場所がつぎつぎ、メガソーラーの敷地へ変身しています。
そこに蜜源植物とは、考えましたね。
おもしろそうです。

投稿: 野の花2517 | 2015年9月 2日 (水) 06時57分

ハクチョウ草またの名を「ガウラ」、ゆらゆら揺れる可愛い花
植えた翌年はガウラの花で一面になる程のもの凄い生命力の花
場所が許せば素晴らしいでしょ〜ね・・・

原子力に頼らず電力供給を可能にするメガソーラーは今とても注目されてますね
自然破壊せずも無理なくメガソーラー設置で電力供給が実現し
更に養蜂も可能となると一石二鳥の地球に優しい事業に感じます
この様な事案に積極的に取り組む青年には頑張って欲しいですね

パステルカラーのミツバチ君、お家建築中?

投稿: イクラの母さん | 2015年9月 2日 (水) 08時28分

野の花2517さま
ソーラー、、普及しましたね。
新築住宅の半分くらいはソーラーが、、
養蜂のメガソーラーは15000坪の広大な敷地、、空き地に蜜源植物がたくさん植えられそうです。

投稿: ナベショー | 2015年9月 2日 (水) 20時41分

イクラの母さんさま
ソーラー、地熱、風力、、など、クリーンな発電をもっと推進してほしいですね。電力会社と政府は、どうしても原子力発電を再開したいようですが、、
ガウラ、、綺麗だけど、少々お行儀が悪いですね。

投稿: ナベショー | 2015年9月 2日 (水) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 招かれざる客 | トップページ | タラの木の花 虫がいっぱい »